国民健康保険の説明なら

「国民健康保険」とは、どういったものなのでしょう!?日本では、この「国民健康保険」に全ての人が加入する事になっています。
国民の健康な暮らしを支える制度が国民健康保険と言うことになります。
国民健康保険などの各種健康保険は、病気やケガをして病院へ行った時にかかる医療費を一部ですが自己負担してもらい給付をしているものになります。
会社員、公務員など職場で独自に設けている健康保険があります。
※例えば「政府管掌健康保険」です。
※「共済組合健康保険」です。
※「船員保険」などです。
※(注意):入っていない人は、全て国民健康保険に加入しなければいけませんよ。
言い換えると、つまり自営業の人、無職の人、アルバイト(パート)をしている人が加入対象です。
加入対象は世帯ごとになりますので、妻、子どもに関しては、扶養者と同じ健康保険に加入する事になります。
<国民健康保険の運営について>これは市区町村が行っています。
被保険者からの保険料です。
市区町村の役場などの担当窓口に行い国民健康保険の加入手続きを行います。
病院などへ行った時に保険証を提示します。
そうすると、病院側が国民健康保険に医療費の請求手続きが出来ます。
<自己負担の割合について>※3才未満の場合が医療費の2割です。
※3才から69歳までが3割です。
※70才から74歳までが1割となっています。
※(注意):75才以上の人は、老人医療制度により受診するので国民健康保険の加入対象ではありません。
共済と生命保険の違いとは?金額と補償額は?【JA・コープ・国民共済】