住宅ローンフラット35は中古も大丈夫?

自分の家を購入したい!と考えた時住宅ローンが資金繰りに役立ちます。
銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますがマイホームを購入するときは不動産屋に行く方が多いと思うのでそこで提携している金融機関に申し込みをしても良いと思います。
返済期間は人によってまちまちですが最長35年まで借り入れする事が可能です。
フラット35長期固定金利の住宅ローンっていうのも選択肢にいれてみましょう! しかし、この35年というのは申込者の年齢によってはできないこともありますね!おおかた、40歳オーバーの申請から通りにくくなってしまう事が多いようです。
自分の家が欲しいと考えたとき金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。
だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?とても迷ってしまう。
という話もよく聞きます。
選び方の参考としては、近場の金融機関を選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども受付可能です。
フラット35長期固定金利の住宅ローン商品も要検討ですね。
ですが、どの場合でも審査が必ずあり申込者全員が通る。
という事でもないので注意してください。
フラット35住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険がありますね!その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

フラット35は中古住宅購入にも使える?借入基準!【マンションは?】